車検ローンの気になる審査や対策

そろそろ車検。だけど、自賠責保険に税金、整備も必要でお金がかかる。車検ローンの通し方。

絶対にダメ!車検受けずに放置はNG

毎年2年(新車は3年)に一回はくる、お金のかかるイベント「車検」。
大体車検の時は、自動車保険の更新などもかかってかなりお金が必要になります。
車検はお金がかかるからそのまま車検を受けずに・・・となると、いざ無車検がバレた時にかなり痛い目にあいます。

車検なし:違反点数6点、免停30日、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金
無保険(自賠責保険):違反点数6点、免停30日、1年以下の懲役または50万円以下の罰金
車検なし&無保険:違反点数12点、免許停止90日、1年6ヶ月以下の懲役または80万以下の罰金。
かなりの出費と違反点数になります。自分で事故を起こしてしまった場合ももらい事故の場合も保険がきかないので全く良いことはありません。

車検の相場は?どのくらいのお金がかかる?

一般的な国産車5ナンバーサイズの小型車を考えると(車重1-1.5t未満)
法定費用だけでも、
重量税:24,600円
自賠責保険:25,830円
印紙代:1,100円
合計:51,530円

で整備代は
ディーラー:約5万円
車検専門店:約3-5万円(車検のコバック、ホリデー車検など)
カー用品店:約3-5万円(オートバックス、イエローハットなど)
ガソリンスタンド:約3-5万円(エネオスなど)
ユーザー車検:3000円未満(車軸調整など近場の工場でやる必要はある。)

これにオイル交換、タイヤなどの消耗品やブレーキパッドなど普段気にしてない部分の整備が必要になってくるので新車購入から5年以上過ぎていれば大体一回の車検で安くて10万、整備が入ると15-20万円はの車検費用がかかってきます。

一番安く済ませるなら、とりあえず法定費用だけ払って自分で陸運局に持ち込んでユーザー車検をすれば5万円チョットで済みます。やる事は難しくなく、初めてですと伝えればいろいろ教えてくれますので簡単です。

ただ、整備をしていないのでその後、車に乗り続けるのはちょっと不安ですよね。
何かのキッカケで故障してレッカーする必要があったりで逆にお金がかかるなど・・。

車検ローンはどんな目的に使えるの?

ディーラー以外にも使える車検のローン。

車検ローンはコバックなどの専門店が行っていたり、最近ではカー用品店でも車検のローン取扱いがありますが、基本はオリコやジャックスなどの信販会社のローンがほとんどです。

車検と言っても車だけじゃなくバイクでも利用できます。
整備や修理などにも使うことができます。

車検ローン審査大丈夫?ローン審査に不安な人は確認。

思った以上に車検費用が高額で今すぐに車検費用を現金一括で出せないという場合は、提携している車検ローンに申し込みしてみるのも一つの方法です。
ただ、法定費用の税金に当たる部分はローンが組めないなんてこともあります。
法定費用だけでも5万以上しますので、2台以上同時に車検をするとなると法定費用だけでも10万円は超えてしまいます。また同時期に任意保険も必要になるのでいきなり十万円単位の出費はキツイと思います。
また整備も車の年数が古くなるにつれ頻度も金額も高額になってきます。

急なパンクや整備に対応するためにも「ローン専用のカード」を持っておくと安心です。

ローンが組める人・組めない人、審査に通らないその理由は?

ローンが組める・組めない、審査基準は

1.過去に延滞や不払いなどをしていない
2.年収の1/3以上を借りている

です。
前提として、安定した収入があることです。
アルバイトなどでも、単発じゃなくて定期的に収入があれば組める可能性高いです。

審査に通らない時の対策

車検費用は大丈夫だけど、その後の車の整備にも使える。

提携の車検ローンは信販系のオリコやジャックスなので、これまで支払いの遅延などがなければ基本的には審査に通りやすい部類になります。

銀行ローンにもマイカーローンのようなサポートローンがあるので気になる方は取引銀行のローンサービスを確認してみて下さい。
ただ、銀行ローンの場合はある程度の収入枠が必要なのと審査までに時間がかかることが多いです。車検ローンのような10-30万程度であれば、消費者金融系のカードローンの方が審査も早くすぐに借入できるので便利です。
気になる金利も、金額が低いと消費者金融系も銀行ローンもそこまで大差がないので使い勝手の良いものを使う方がおすすめです。